ミシンおすすめ|選び方とメーカー比較

ブラザーミシンの特徴と人気商品

ホーム > メーカー > ブラザーミシンの特徴と人気商品
ブラザーミシンの特徴と人気商品
ブラザー工業といえば、ミシンをはじめ、プリンターからファクス、工業機械まで幅広く製造販売している東証一部の上場企業です。

ブラザーといえば「事務機メーカー」と思っている若い女性も多く、私の周りにもミシンのブラザーと事務機器のブラザーは別会社だと思っていた人がいるほどです。

ブラザーは国内ではミシン三大メーカーで老舗メーカーです。

ブラザーミシンの歴史

明治41年 安田兼吉が「安井ミシン商会」を創業。
大正14年 「安井ミシン兄弟商会」と改称。
昭和3年 「麦わら帽子製造用ミシン」を発売。
これは兄弟が協力してできた成果だとして、このミシンに「ブラザー」と名付けました。
昭和7年 家庭用ミシン量産化に成功。
昭和9年 「日本ミシン製造(株)」設立。 (現ブラザー工業株式会社)
昭和16年 国内販売機関として、「ブラザーミシン販売(株)」設立。
昭和36年 事務機器分野、工作機械分野に進出。
昭和37年 「日本ミシン製造(株)」から「ブラザー工業(株)」に社名変更。
昭和62年 情報通信機器分野に進出。
昭和63年 電子文具分野に進出。
平成20年年 ブラザーグループ創業100周年。
※「ブラザーの歴史」ホームページから一部抜粋

ブラザーの名前の由来とブラザーの歩み

昭和3年に「麦わら帽子製造用ミシン」を発売。これは兄弟が協力してできた成果だとして、このミシンに「ブラザー」と名付けました。

その後、「安井ミシン兄弟商会」、「日本ミシン製造(株)」と社名を改称し、現在の社名「ブラザー工業」に改称したのは昭和37年です。

前身の「安井ミシン兄弟商会」からの商標「BROTHER」であったことや、兄弟で力を合わせて商売をしてきたことに由来しています。

ミシンの売上の約90%が海外で、特に北米やヨーロッパでブランド力があります。
国内でブランドイメージの強いミシンについても、家庭用、工業用ともに世界トップクラスのシェアを誇ります。

そのブラザーのミシンの特徴は、ほかの家電製品にも見られるように、デザイン力の高さです。 同じミシンメーカーのジャノメやジューキと比べても、デザインが斬新で新しさを感じます。

昔からの工業用ミシンも若干販売していますが、最近では、PS202(PS205)のような、お手ごろで人気のあるコンパクト商品を目玉商品として販売しています。

当サイトおすすめ ブラザーのミシン

1位

ブラザー PS202

★★★★★
大好評、売れてるミシンです!
18,900円~

最新型の小型コンピューターミシン!きれいな薄桃色は、入園準備のママに大人気です!小型ミシンの中でもパワーもあり、1~2万円台のミシンをお探しの方なら一番オススメのミシンです♪

1位

ブラザー PS401

★★★★★
業界最大の品揃え!売り切れ御免!
28,600円~

ブラザーPS205シリーズの同等ラインナップとして開発された同モデル。ホワイトのPS401は好評を得ています!

3位

ブラザー ヌーベル470

★★★★★
大好評、売れてます!!
74,900円~

ヌーベル470はブラザーの職業用ミシン!家庭用ミシンからの買い替えを検討なら、便利機能が付いたヌーベルはお勧めです。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加