ミシンおすすめ|選び方とメーカー比較

ミシンの種類と性能の違い

ホーム > 選ぶポイント・注意点 > ミシンの種類と性能の違い
ミシンの種類と性能の違い

ミシンの種類は大きく分けて「家庭用ミシン」「職業用ミシン」「工業用ミシン」の3つに分けられます。


ここでは、一般的に家庭で使われている「家庭用ミシン」の種類について説明します。

家庭用ミシンも大きく3つに分けられます。

電動ミシン

フットペダルの踏み加減でモーターに流す電圧を調節しながらミシンの速さのスピードを調整します。最近は、フットペダルではなく、手元のスタート、ストップのボタンで速さの調整をするのが多く出ています。
また、針が停止する位置が一定ではないため、縫い終わって生地を外す場合は、手動でプーリーを回して針を上げる「ひと手間」が必要です。
価格は2万円前後のものが多いです。

電子ミシン

針の停止位置が一定のため、縫い終わってから簡単に生地を外せます。スピードを調整するのは電子回路によって調整するので、手元のボタンで調節でき、スタート、ストップも手元ボタンでできます。
電動ミシンのモーターと違い、高精度なモーターを搭載しているので、低速でもパワーがあり、厚い生地も縫いやすくなります。もっとも売れているタイプで価格と性能のバランスがいいため、初心者におすすめです。

コンピューターミシン

コンピューターを内蔵したハイテクなミシンで、自動糸調子や自動ボタン穴かがりが装備されています。いろいろな機能が搭載されていますが、その操作を覚えるのも大変です。機種によっては、文字だけでなくキャラクターの刺しゅうができるたり、デジタルカメラで撮った写真を刺しゅうできるものがあります。

ロックミシン

かがり縫い専用のミシンというと分かりやすいのですが、「1本針2本糸」や「2本針4本糸」「巻ロック」など、ロックミシンにもいろいろな種類があります。 布をカットしながらかがるので、「縫う」というよりも「編む」という言葉がピッタリです。実際にニット素材はロックミシンだけで洋服をつくることができます。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加